J Vegan認定について

J Vegan協会では、認定を通じて様々な場面でJVeganを取り入れていただける認定制度をご案内いたします。

①レストラン認定
店舗には、1人以上のJ Veganistが在籍し、J Vegan対応のメニューを提供していることが認定条件となります。
植物由来の食材だけではなく、日本の食文化の魅力も添えられているJ Veganは、インバウンドや食の多様性など様々なサービスに繋がります。

②製品認定
植物由来のものだけで作られた食品や飲料などを認定します。
ご家庭でJ Veganを実践する際に推奨される食材や、飲料・菓子など幅広い製品が対象です。

③テイクアウト認定
お弁当や総菜などテイクアウト品の認定もおこなっています。

レストランで提供されるメニュー同様、J Veganならではの日本らしさも取り入れられていることが特徴となり、J Veganを食べるシーンの幅が広がります。

認定の流れ

J Vegan認定を申請いただくには、当協会の定めた認定規約に同意いただいたうえで、指定の申請フォームでのお申し込みが必要です。
まずは、お申し込みフォームからお申し込みください。認定規約等を事務局よりご案内いたします。

なお、指定の申請フォームは、各ページからもダウンロードしていただけます。
①レストラン認定用
②製品認定用
③テイクアウト認定用

1.お申込み(お申し込みフォーム)
2.事務局から詳細・見積もり等のご連絡
3.申請書のご提出
4.審査
5.審査結果の通知

◆申請費用には以下のものが含まれます。
・J Veganist 養成講座1名分受講費(レストラン認定のみ)
・認定マーク使用料(認定有効期間中)
・認定マークを使った販促物のデザイン監修費用(レギュレーションに沿っていることの確認)

お申込みはこちら